関節運動学的アプローチ(AKA)療法

AKAについて

理学療法士出勤案内


 AKA(エーケーエー)とは、Arthrokinematic approach(アルスロキネマティック アプローチ:関節運動学的アプローチ)の略で博田節夫(はかたせつお)先生により開発された治療法です。関節の運動障害を改善し、関節の機能障害が原因で起こる痛みやしびれを
取り除く治療法です。
 関節機能障害とは、仙腸関節や椎間関節などの小さな関節の運動
(関節包内運動)の障害をいいます。
この運動機能障害が痛みやしびれの原因になっていることがあります



 まず治療を行う関節は、背骨の近くの関節が一般的です。
中でも最も重要なのは、腰椎の下にある仙骨と腸骨との関節です。ここを仙腸関節(せんちょうかんせつ)といいます。この仙腸関節を手で軽く動かしますが、実際に動く範囲は1~2ミリでほんのわずかな動きを手で感じ治療をします。

理学療法士:佐藤

AKAを用いた治療技術は取得が難しく、簡単に身に付くものではありません。また正しい診断と正確な技術に基づく治療を行わないと、症状を悪化させることもあります。適切なAKA治療により、腰痛、ぎっくり腰、肩こり、ひざ関節痛などの関節由来の痛みに著効を示します。 当院では理学療法士が勤務し、AKA療法を中心に、より良質な医療を行うべく、努力しております。 AKA療法は「樂々堂整形外科」・「樂天堂整形外科」・「樂天堂内科整形外科」で受けることが出来ます。日本AKA医学会において「指導医」の資格を取得した医師が勤務しております。 ☆AKA療法をご希望の方は、受付までお気軽にお声をお掛けください ☆